【ギャラリー情報】信楽に新しくできた『てま・ひま・うつわ』さん|DIYでできたギャラリ―で篠原希さんの信楽焼を楽しめます。

こんにちは。
信楽のソフトコルギサロンhioli 波多野です。

GW中に信楽に新しくできた素敵な場所のオープンアトリエにお邪魔してきました( *´艸`)
その名もてま・ひま・うつわLaboratoryさん(オンラインショップにリンクします)

この日行われていた平土鍋の実演にお邪魔しました(*^-^*)
今日はパエリアを作ってくださいました。
陶芸家の旦那さん篠原希さんの作品を扱われているギャラリーです!

管理栄養士のほっこりする奥様がうんえいされているんだそう^^

この平土鍋、揚げる以外の調理が全部できるんだそうです!
しかも、とーってもおいしく調理できるそうで。

実際、めっちゃおいしいタラとアサリのブイヤベース風でした☆
奥さんの味付けと調理器の旦那さんの作品があるからこそのおいしさ!

にんにくとオリーブオイルのいい香りでお腹ぺこぺこに(笑)

写真を撮るの忘れるくらいのいい香りでお腹もペコぺコ。
料理を盛る器ももちろん、旦那さん篠原希さんのもの。

ちなみに、右のサラダが盛られている器はお子様が作ったものなんだそうハート
めっちゃ味のあるいい器!

すっごくすてきなギャラリーなんです(*^-^*)

旦那さんは信楽のこと本当に詳しくって!
興味深い土の話聞かせてもらったり、私の地元の土で焼いた陶器を見せてもらったり。
なかなか聞けないお話と、おもしろいものを見せて頂いて大満足。

器大好きな奥さんとも大盛り上がりで、ついつい長居させてもらっちゃいました!!

ずっと不思議だった陶匣の使い方も解明。
すごく楽しくて、有意義な時間をすごさせてもらいました照れ

今はインスタに力をいれているそうです(2019.1月追記)

 
 
 
View this post on Instagram

焼締角皿 . 昨日のお刺身を盛っていた器。 窯の中で焼き締められた作品は、強烈な熱と炎で焼き曲がり、灰が積もっては溶けた“ビードロ”が溜まっています。 また、縁の“焦げ”や“窯変”がこの器をより存在感のあるものにしています。 . 焼き締めの面白さは、見どころをひと言で言うことができたとしても、それは一つではないところだと思います。 . 例えば、ビードロといっても様々な発色があり、作品の造形や土により現れる深さが違います。 . 何よりも見る人の目によって見え方が違うんだろうと最近はよく思います。 . お客さまや主人と話を聞いていると、私にはまだまだ見えていないものがあるんだなぁと感じます。でも、おそらく10年前の私とは違った目が育っているのだろうとも感じます。 . 詳しい方のお話を聞くのはとても興味深いです。 また、初めて焼き締めや主人の作品を手に取る方に、見どころや私なりの面白さをお話できたときはとても嬉しいです。 . 今年もそんな一年にしたいと思いながらの仕事始め😊 . . . 〜お知らせ〜 てまひまうつわ 1月のカフェ営業日 1/6(日)1/12(土)1/19(土)1/26(土) ・11:00~16:00 ・メニューはコーヒーとお菓子のセット(¥600)のみです ・席数カウンター3席 . よろしくお願いいたします!

Yoshie Shinoharaさん(@temahimautuwa)がシェアした投稿 –

■ソフトコルギサロンhioliについて■

ソフトコルギサロンhioli
ソフトコルギサロンhioli
TEL:0748-60-5932
   050-7118-6630
ご予約:https://hioli.net/booking
E-mail:info@hioli.net
施術中など繋がらない場合もございます。
留守電に伝言頂ければ折り返しご連絡いたします。

LINE@はこちら
お問い合わせもご予約もお気軽にお問合せくださいませ。

■ソフトコルギサロンhioliの情報■

2020年11月12日付 中日新聞朝刊 3面『この人』コーナーに掲載頂きました

Point Blur_20201112_170217

関連記事

  1. ライアン・ホイさんの茶室
  2. 神山清子さん陶展

アーカイブ

PAGE TOP